ヒカリへ

日常での気づきをシェアします。誰かひとりに気づきが生まれ、輝くきっかけを与えられたら嬉しい。

〜容姿コンプレックス2〜

朝、起きない娘を如何にして、笑わせて起こそうか?を毎朝、考えています。

今のところ、ほぼ毎回、娘は笑って起きている。(よっしゃ!)

1日のはじめが、笑顔スタートってすごい幸せだなぁと思ったんです(^^)

 

こんにちは、HARUKAです(^^)

 

さて、わたしの容姿のコンプレックス

高校に上がる前に決断した、プチ整形

 

《容姿のコンプレックス1》で綴ったとき、過去に遡り、当時のわたしの感情や状況とチューニングしていたので、""のわたしと違いすぎて、わたしの心身に影響が(笑)

ちょっとチューニングしすぎたかなと(*⁰▿⁰*)💦

そしてしばらく、綴る意識になれないでいました。

でも、おかげさまで振り返ることができ、考えさせられる時間となりました。

pinnada.hatenablog.com

 

容姿について酷く落ちた中学時代、二重にしたことで容姿コンプレックスに関して気が楽になった高校時代。

だけどね、総じて心の中はあまり変わらなかった。

顔が変わっても、心の中が変わらないと、根本、満たされないし、不安も不満も、新しく生まれる。

当時から、恋愛に依存していたり。

彼が可愛いと言ってくれることで、安心する。みたいなね。

 

この経験を踏まえて、わかったことは、

姿かたちが如何に変わろうと、心が変わらないのならば、

”遣り切れない空しさが残るだけ。”

ということ。

 

過去のわたしは、自分を受け入れることができず、他人のせいにすることで、

自分を肯定し、自分を守ろうとしました。

わたしは悪くない。誰かのせいにして、安心する。

報われることのない、ただひたすらに心が苦しい状態。

 

その状態から脱却できたのは、

"足るを知る"ということ。

今に意識を向けて、不足していることではなく、ある(足りていること)を知る

そうすると、

自然と感謝湧いてくる。

この繰り返しで、心の状態が格段と楽になって、幸せを感じる感度も高くなっていきました。そして自分を認められる心の状態に変化していった。

  

わたしは、プチ整形というかたちをとって、顔はそこそこ美しくなったが、

心は変わらなかった。

 

だから、最終的な話だけれど、

いくら顔が、見た目が、美しくなっても、 

心が美しくなければ、本当の意味で美しくはなれない。

と、深く感じた。

見た目はいくらでも、変えられる。

現代は様々な手法がある。

 

でも、心は?

心を美しくするには、まず、

心の中の状態を、逃げずにみて、すべて認め、自覚することから。

ではないかと思う。

自覚することで、たくさんのことがみえてくるのだ。

そこから、気づいて、自分を知っていき、

意識を変えて、変化する。

 

心が美しいときって、すべてに対して、優しくできる。

感謝できる。

中立に物事を考えられる。

そういう人って素敵で魅力的だよね。

 

でも、人間は常にこの状態ではいられない。

いろいろある。

イラっとして怒ることもある。

他の人に嫉妬することだってある。

それは仕方のないこと。受け入れる。

 

でも、そう感じたあとに、

まずは、深呼吸〜。

そして、自分の状態を、自分で自覚して、

こうすればよかったかな。

もっとここを変えたら怒らずにすんだかもしれないな。

自分の心が心地よくなる選択はなんだろう?

って考え直せばいいと思う。次に繋げる!

人に対して傷つけてしまったなら、素直に、謝ろう。

 

そうやって、繰り返して、人間は変化していく。

 

と思うんだ。

 

f:id:pinnada:20210614161124j:plain 

どうせ完璧な人間になんて、絶対になれないんだから、

 

未熟のままで、人間を楽しもう( ^∀^)

 

♡-----今日の想い-----♡  

心が美しいって最高に魅力的!!!!!!!!!

そういう人がいたら、そのときは全力で嫉妬しよう!